トップページ > バイオトイレ > バイオトイレの新着情報 > バイオトイレのおがくず/メンテナンス > バイオトイレのおがくず

バイオトイレの新着情報

バイオトイレのおがくず

おがくずの日常管理

おがくずの日常管理
バイオトイレの日常管理として気をつけることは、おがくずの状態です。
日頃から、おがくずの水分量と異物が入っていないか特に気をつけてください。
おがくずの水分量は、おがくずを手やひしゃくですくったときに固まらないぐらいの状態がベストです。
おがくずが乾燥してくるとトイレットペーパーが分解されずに残ってきますが、乾燥しすぎると排気ファンに詰まって着火する危険もあります。
おがくずが濡れてくると色が黒ずんで固まってきますが、濡れすぎるとべちゃべちゃと音がしてにおいがしてきます。
また、おがくずに異物が入るとスクリューにはさまれて故障の原因となります。
おがくずの日常管理
ぬれすぎて黒くべたついた状態のおがくず 
おがくずの交換時期
おがくずの交換は、通常使用の場合で年に約2~3回、おおよそ四ヶ月ほどでの交換が目安です。
ですがトイレの使用頻度が少ない場合には、おがくずの状態を見て判断することになります。
おがくずの交換の時期を判別するポイントは「色」です。
おがくずの水分が増えると状態が土化し蒸発効率が悪化してくるので、コーヒーをドリップした後のような黒っぽい色になってきます。
そうなると臭いもしてきますので、この状態になったら交換が必要です。
おがくずの交換の際は、すべて取り出して新しいものと交換してください。
おがくずの交換時期
(左)新しいおがくず (右)使用済みのおがくず 
おがくずの交換作業
おがくずの交換はお客様ご自身で行うことが出来ます。
使用後のおがくずに直接触れることに抵抗があるかもしれませんが、分解が終わった後のおがくずには糞尿は残っていないので、汚いということはありません。
バイオトイレの電源を切り、点検口や便座の部分からからひしゃくを使って中のおがくずを取り出したら、便槽が空っぽになったところでスクリューが変形していないかを確認してください。
問題がなければ新しいおがくずを投入して交換完了です。
おがくずの交換作業
ひしゃくでおがくずを取り出してスクリューの状態を確認 
おがくずの種類
バイオトイレに使用するおがくずは特殊なチップや特別な菌などを使いません。
材木屋さんなどでのこぎりを引いたときに出る「のこくず」を使います。
レギュラー珈琲の粉程度の粒の大きさが最適です。
チップ状のもの、細かすぎるもの、かんなくず等では水分の吸収に影響するのでバイオトイレにはあまり適しません。
おがくずの種類
レギュラー珈琲の粉程度の粒の大きさ 
おがくずの量
バイオトイレに投入するおがくずの量は、おがくずを入れたときにスクリューが1割見えるくらいが最適です。
使用後に運転ボタンを押して攪拌しているときに、スクリューの軸まで見えていたらおがくずが少ない状態ですので、その場合は交換時期に関わらず、おがくずを追加してください。
おがくずの量
スクリューが1割見えるくらいが便槽の中のおがくずの最適な量 
おがくずの入手方法
おがくずは材木屋さんなどで入手ができますが、近くに入手できる場所がない、声をかけづらいなどでお困りの場合には当社までご相談ください。
おがくずの入手方法
この状態で宅配業者に依頼してお手元までお届けします(右はサイズ比較) 
おがくずの再利用と処理
バイオトイレから取り出したおがくずは再利用することができます。
そのまま庭の土に蒔くだけで有機肥料や土壌改良材として、また二次発酵させると堆肥としてもご利用いただます。
それぞれにあった方法でご利用ください。
再利用をされない場合には可燃ゴミとして処分できますが、各自治体のルールに従って処分して下さい。
おがくずの再利用と処理
取り出したおがくずを土の上に撒くだけで肥料に 
« 前おがくず/メンテナンス一覧
お問い合わせ
お問い合わせ

▲上部へ戻る