トピックス

バイオトイレが北海道バイオレポート2007に掲載されました!(2017年10月)

経済産業省北海道経済産業局発刊の「北海道バイオレポート2007」にバイオトイレの記事が掲載されました。

 

【バイオトイレを利用した廃鶏処理実験が好評。】

 

 バイオトイレの製造・販売を行う正和電工(株)は、愛別町の養鶏業者と連携し、同社が開発した業務用生ゴミ処理機(SN-100型)を使用し、廃鶏や廃卵などを処理する実験を18年4月から実施し、1ヶ月に鶏約300羽、卵約5000個が処理できることを確認した。装置内のおがくずに潜む微生物が、有機物を二酸化炭素と水に分解するため、特別な菌は不要である。発酵熱が出るためにヒーター加温はほとんどかからず、おがくず交換以外のランニングコストは不要である。養鶏業者に大きな需要が見込めると期待されている。

 

=北海道バイオレポート2007より抜粋=