トピックス

バイオトイレが無臭な秘密

バイオトイレは臭わないことが特徴の一つです。

今回はその臭いの秘密についてご説明いたします。

 

汲み取り式トイレなどの強烈な臭いはアンモニアが主な原因です。

これは、糞中の嫌気性菌が尿中の尿素を嫌気的に分解してアンモニアを発生する、尿と糞とが混合した結果起こる現象です。

ですから、糞と尿とを混合させずに別々に集めるとそんなに臭気の発生は起こりません。

バイオトイレはこの糞と尿を効果的に分別させています。

それはおがくずのおかげです。

 

実は、バイオトイレの能力の秘密は、おがくずの中に屎尿を排出することにあります。

尿と便はバイオトイレの中で分離されておがくずに吸収されるためいやなにおいが出ません。これは糞尿の分別を効率よく行っていることに他なりません。

水分が大部分の尿はおがくずの空隙に毛細管現象で分散してゆきます。

この場合、尿はおがくずを湿らせはしますが液体状ではもはや存在していません。

糞も同じくおがくずにまみれて希釈分解されてゆきます。

そして、糞尿中の有機成分はおがくずの好気的環境下に曝されることになります。

この時がまさにおがくずの有する空隙率の大きさという特色が有効に発揮される瞬間です。

浸み込んだ尿の水分が、おがくずの特色である有効表面積の大きさにより効果的に蒸発しくことで屎尿の分離を更に徹底することになり、アンモニアの発生につながる嫌気性菌の働く条件は殆ど無くなることで、結果として好気性菌の働きによって屎尿中の有機物は無臭の内に酸化分解されることになります。

このおがくずの特徴がアンモニアが発生する前に水分を蒸発させてしまい、臭いを出さない秘訣になっています。

また、換気ファンが設置してあるので排泄する時の臭いは排気管から排出されます。

 

よく病院のトイレで入院患者さんの尿を貯めてありますが、病院に貯めてある尿から耐え難い臭いを経験された方はいらっしゃらないのではないでしょうか?

病院環境とぼっとん便所を比較するなとのお叱りを受けそうですが、バイオトイレならそのような状態であってでも臭いはしないと思います。

 

バイオトイレには汲み取り式トイレ特有の強烈な臭いがまったくありません。

おがくずの驚くぺきパワーです。