トピックス

バイオトイレで生ゴミの処理を

弊社の販売するバイオトイレには生ゴミ処理機もございます。

 

生ゴミ処理機でも使い方は簡単、投入口に細かく刻んだ生ゴミを入れるだけです。

仕組みはバイオトイレとまったく同じで、おがくずに含まれた菌の働きで生ゴミを分解します。

この処理機は特別な菌を使用せず、普通のおがくずを使用しますので、他メーカーの処理機に比べて日常の管理がとても楽です。

おがくずの交換もご自分でして頂けます。

屋内用、屋外用があり、容量は通常のバイオトイレと同様に25型から300型までご用意しています。

 

屋内外で使える生ゴミ処理機

 

最大である300型は、1日あたり100~120kgの生ゴミの処理が可能です。

こちらの商品は家庭向けというよりは業務用になります。

生ゴミの臭いが出ない上に分解処理ができるので、生ゴミを事業系一般廃棄物として処分をお願いしなくてはならない飲食店などでは特に経済的ではないでしょうか。

近隣対策、カラス対策としても有効な商品です。

 

おがくずが入っています

 

バイオトイレで分解処理をすることでゴミの減量化につながり、地球環境にもやさしくなります。大型の生ゴミ処理機を自治会単位で導入していただくのも地球環境に対する一つの取り組み方法ではないでしょうか。

 

次回はかわいいペットのための「ペット用タイプ」をご紹介いたします。

 

→第10回「ペットのためのバイオトイレ。