トピックス

獣肉処理の実証実験①

兵庫県内で鹿肉の販売を手がけていらっしゃる「丹波姫もみじ様」にて、S-50型を用いた鹿肉の廃棄処理実験を実施いたします。

 

これは、従来より獣害とされている鹿の処理を単に廃棄するのではなく、バイオトイレで分解処理をすることでバイオトイレから出るおがくずを、土壌改良剤として森へ還すための実証実験です。

時をほぼ同じくして弊社のバイオトイレのメーカーである正和電工においても、エゾシカの処理実験が開始されております。

獣害対策の切り札となるか?乞うご期待ください。

 

㈱瀧澤

 

 

 

「丹波姫もみじ様」はコチラ