トップページ > クネット > クネットの日常点検

クネットの日常点検

クネットの使用上の注意

■手すりの上に乗ったりぶらさがったりしないてください。製品及び取付け部の壁が壊れる恐れがあります。
■手すりに強い衝撃を与えないでください。手すり部分が変形、破損したり、思わぬケガの原因になります。
■製品を分解、改造はしないでください。

クネットのお手入れ方法

樹脂・ステンレス

■やわらかい布かスポンジで水拭きした後、乾拭きをしてください。汚れがひどい時は中性洗剤を染みこませた布で拭き取ってください。洗剤が残らないよう水拭きし、その後乾拭きをしてください。

木製

■やわらかい乾いた布で軽く乾拭きしてください。汚れがついた場合は、薄めた中性洗剤で汚れを拭きとり、洗剤が残らないよう水拭きした後、やわらかい乾いた布で水分を拭きとってください。。

お手入れの注意

樹脂

■酸性、アルカリ性洗剤、ベンジン、シンナー等は使用しないでください。腐食、変形、変色の原因となります。
■クレンザーや磨き粉など、荒い粒子を含んだ洗剤、また金属ブラシ、金ベラなどは、表面を傷付け劣化を早めますので使用しないでください。

ステンレス

■洗剤類を使用した場合は、必ず十分に水拭きをして、薬品などが残らないようにしてください。
■スポンジ、ブラシなどを使用する場合は、必ずステンレスの研磨目にそって平行に、均一に力を入れてください。
■目の荒いクレンザー、紙やすり、スチールウールなどの使用はさけてください。

木製

■水でぬれたままにしておいたり、アルコールやシンナー系の溶剤を使用しないでください。変質、変色の原因になることがあります。
■科学ぞうきんを使用すると、表面の変質の原因になる場合がありますので、ご注意ください。