よくある質問例

「畑にバイオトイレを設置したい!」

バイオトイレは様々なシチュエーションで設置が可能です。

 

お客様からお話を聞いていると、バイオトイレの意外な設置場所を教わることがあります。

それは畑のど真ん中。

下水の通っていない地域で畑の中央に建物がある場合には当然汚水の処理のために浄化槽を設置されるのですが、きれいな水に浄化されているとはいえ食べ物を作っている畑に近いところで放流されることが気になるそうです。

汲み取り式にしても匂いが出るし、染み出して雨水に流されれば浄化槽よりも悪い事態に...。

そこでバイオトイレの出番です!

バイオトイレであればその機能からして糞尿が流出するようなことは考えにくいと思います。

通常であれば12時間程度で糞尿の処理が終わり、おがくずだけの状態になっているからです。

さすがに大雨で床上浸水などになればおがくずが流出する場合もあるかもしれませんが、汚物がその水の上を漂うようなことは非常に少ないといえます。

そこで全く水を使用しないバイオトイレにご注目いただき各社メーカーのバイオトイレをお調べになられ、取り出したおがくずが肥料として使えるということで弊社へのお問合わせとなったようでした。

 

畑の中には電気がないケースが多いのですが、そんな場所には無電源型の手回し式のバイオトイレをご提案をさせていただいております。

ですが、付近に電柱があれば電気工事を行うことでコンセントを設置していただくことができますので、バイオトイレのための電源を確保いただいくことをお勧めしています。

そちらの方がリーズナブルで、機能的にもご満足いただけるものをご提供できるからです。

トイレの設置が難しいところでも快適にご利用いただけるのがバイオトイレなのです。

皆様のバイオトイレご検討の参考になさってください。