トップページ > よくある質問例 > バイオトイレのよくある質問例 > 03設置について

よくある質問例

「バイオトイレを設置するのに何が必要?」

重さで沈下することのないように重量に耐えるよう平らな場所に設置してください。

 

バイオトイレをお客様に販売をさせていただく際に、よく設置方法についての質問を受けます。

バイオトイレ本体のS-25型の場合、重量が210kgあります。

バイオトイレを住宅などで設置される場合は基礎部分への設置をお勧めします。

建物型のログハウスのタイプのSKM-50ですと重量は1,930kgにもなります。

ですから、建物のトイレの下に本体を設置する場合も、仮設・常設ハウス型を設置される場合も、本体重量に耐えるように準備していただく必要がありますので、平らな場所に設置して重さで沈下することのないようにしてほしいとお願いしています。

また、設置場所によっては固い地面の場合にはそのまま置ける場合もあるかと思いますが、雨水による腐食から守るためにコンクリート基礎をお勧めしています。

 

この写真は実際にバイオトイレ用にコンクリートの基礎を作っていただいたものです。

㈱瀧澤

 

これをしていただくと、強度があり、水平に設置ができ、そして雨に対する養生が問題なくなるということで安心してバイオトイレをお使いいただけます。

このようにしていただくのがベストですので弊社としては常設でご利用の際はコンクリート基礎をお勧めしていますが、丈夫な地面であればブロックを適宜並べていただくだけでも十分設置ができます。

地面に直に置くと雨が降った際の排水がうまく行かずそこから腐食する場合もあるので、地面からは離していただく必要があります。

仮設での設置の場合は、コンクリートブロックを用いた設置も可能です。

バイオトイレの下に適宜配置していただければOKです。

 

傾斜地などへの設置の場合もコンクリート基礎が一番ですが、この場合は階段にもご配慮ください。

設置する向きによっては、階段を延長しなければいけない場合も出てきます。

バイオトイレの本体を設置してトイレの建物を建設される場合にはトイレのレイアウトはお客様の思い通りに設計できる利点がありますので、現場に合った施工を行うことが可能なのです。

美しい建物にバイオトイレが入っていると思うと、われわれもうれしい限りです。

男性トイレの場合は小便器を別に設置されることがあるのですが、この小便器の配管もバイオトイレの便槽に入れていただくことになります。

 

本体の天板に開口して配管を入れていただくのですが、その際にメンテナンス時に必要な点検口の場所や万一の故障時に天板がはずせないといったことの無いようにしていただいています。

日々のメンテナンスは水を流してお掃除をしていただくのがベストです。

小便器などに汚れがついてきたら自然成分の中性洗剤を少量使って洗っていただき、その洗剤は拭き取ってください。

  
「バイオトイレ届いたらどうするの?」

建物型のバイオトイレは現地での組立などの必要はありません。

 

仮設・常設型のバイオトイレは全て完成品として出荷、配送されますので、お手元に届いたバイオトイレは目的の場所に降ろしたらすぐにご使用いただけるのも特徴の一つです。

 

㈱瀧澤

 

この写真はバイオトイレの設置風景です。

トラックで運んできたバイオトイレをクレーンで下ろして設置したら、あとはコンセントを繋ぐだけでご使用頂けます。

  
「バイオトイレ本体はどうやって設置するの?」

バイオトイレの設置をお考えのお客様からバイオトイレ本体の設置についてご相談をお受けしましたので、例としてバイオトイレ本体(床下タイプ)の設置方法を簡単にご説明をさせていただきます。

 

バイオトイレは種類がたくさんありますが、バイオトイレ本体の設置方法についてご説明いたします。

バイオトイレ本体はこのような機械になっています。

㈱瀧澤

 

電源はこの本体に対して1つの専用コンセントが必要で、この他に排気設備用に中間ファンの電源、暖房便座の電源などが必要になります。

これをトイレの床下に設置するのですが、現場によって床下に入れたり半地下にして本体の上に直接便座を取り付けたり様々な設置方法があります。

床下に設置する場合は、建物の基礎の上にバイオトイレ本体を設置します。

新築工事で設置の場合は基礎の上に直接設置しますが、改装などで既設のトイレから変更される場合はステンレスピットの設置をお勧めしています。

 

次に周りの壁ですが、上の写真にある白い箱が制御盤で、ここにスイッチがあります。

このスイッチの操作が必要なこともありますので壁に点検口をお付けいただくことをお勧めしています。

また、工事後に人が入れないような壁で囲われてしまうと点検やおがくずの交換が出来なくなってしまいますので、今後のメンテナンススペースを確保いただくことが必要となります。

メンテナンスとして年に2~3回のおがくず交換が可能なように人が入れるスペースを設けてください。

必ずおがくずの交換作業ができる場所を取って設置してください。

地下室方式でご設計される場合は、1,600mm以上の室内高が理想的です。

また、万一の故障時に最悪の場合に本体が引き出せるように設計いただくのが万全です。

下のイラストのように、この本体を床下部分に収納し、上にトイレを設置します。

㈱瀧澤

(クリックで拡大します)

 

このように、バイオトイレ本体を設置されたあとのトイレ工事につきましては、今後のメンテナンスにあわせて建築業者様やトイレ業者さまと詳しいお打ち合わせが必要となります。

どんな業者が良いのか分からないというお客様には弊社より業者様を紹介させていただきますので、ご相談ください。

  
「トイレのリフォームでバイオトイレにかえられる?」

バイオトイレは現場に応じた機種選定により既設トイレの改修にも柔軟な対応が可能です。

 

既存のトイレを改修してバイオトイレを導入できないかというご質問をいただきました。

バイオトイレの本体には、洋式便器を使って床下に設置するタイプと機器を床上に設置して便座を直付けするS型のタイプと、床上に置くだけで使えるコンパクトなW型やM型のタイプがございます。

既設トイレが汲み取り式の場合は便槽を取り壊してバイオトイレのS型を床下に設置するだけです。

便器自体は特に変更することなく現状のままご利用頂けますので、バイオトイレを床下に収納設置した場合は完成しても今までのトイレと見分けがつかなくなります。

便器の中を覗き込んで見たときにおがくずが見えるかどうかが違うだけなのです。

バイオトイレの機種選定の際に決めていただければオプションにて温水洗浄便座もご利用いただけます。

別途建築工事が必要な場合もありますが、その際は建築業者様をご紹介することも可能です。

 

住宅などのリフォームで既設のトイレをバイオトイレにと考える場合には床下に設置できるS型がお勧めなのですが、今回のお客様に現在の使用状況をお伺いしたところ別荘に今ある便器を取り払ってバイオトイレのご利用を検討されているとのことでしたので、こちらへのご導入にはバイオトイレと排気管を設置することが容易な据え置き型のM-08型が最適であるとご説明いたしました。

バイオトイレなら毎日定期的に使うことがない別荘のトイレでも下水の臭気が上がってくるようなことや臭いがこもることもありません。

おがくず使用のバイオトイレで快適なトイレ空間をご提供します。

  
「汲み取りトイレのリフォームにバイオトイレを設置できる?」

汲み取り式トイレをリフォームする際にバイオトイレを採用したいと、お客さまから問い合わせをいただきました。

 

汲み取り式トイレですので、トイレの下に糞尿を溜める「便槽」がありますが、こちらのトイレは少し手を加えればバイオトイレS型が問題なく収まりそうでした。

当然ながら汲み取り式トイレの便槽は床下(地下)にある場合が多いので、便槽にはステンレスのピットを収納していただいてバイオトイレのS型を設置することになります。

このステンレスピットは、土を掘った場合の土圧にも耐え、メンテナンス時にも非常に役立ちますのでお勧めしています。

 

イメージ図

㈱瀧澤

  
「水がないところにバイオトイレを設置できる?」

バイオトイレが設置される現場は汲み取りトイレのリニューアルだけではありません。

たとえば水を引くことが難しいような現場にもバイオトイレは最適です。

 

・水がない、もしくは排水できない

・下水が引けない

・新たに給水、排水管を設置するのが大変

近頃はこのような場所でのご相談やご導入をいただくことが多くなってきています。

工場や山の上などで水の引けないところや排水を出せないようなところへはバイオトイレがお勧めです。また、都会の中でも今から改めて配管工事をすることが難しいところにも仮設トイレとして活用できます。

 

現場は大阪と愛知、業種も全く異なるお客様より同じ日にお問い合わせをいただいたのですが、共に同じように電気はあるのに水がないという現場でした。

トイレでお困りの現場への需要というのは多くあるものだと思いました。

  
「電気がないところにバイオトイレを設置できる?」

バイオトイレは電気のきていない場所でも臭いのない快適なトイレをお使いいただけます。

 

バイオトイレを希望される方には、「水を引けないけれど、汲み取りトイレはイヤ!」というお悩みを持たれていた方が多数を占めておられます。

水を使用しない現場にはぴったりのバイオトイレですが、そのような現場ですと同時に電気も通っていないということもあります。

バイオトイレは電気で動くのですが、環境にあわせていろいろな商品をご用意しています。

 

下の写真にある「D.無電源タイプ」というバイオトイレ本体には手回し式のハンドルタイプのものと足漕ぎ式のペダルタイプがあり、山頂や山間部でのご利用には特にこの足漕ぎ式のバイオトイレをお勧めしています。

このバイオトイレは便器の横に自転車のようなペダルが付いており、ご使用になった方がご自身で前に20回、後ろに20回とペダルを漕いでいただくと、その力でおがくずが撹拌されるというものです。

健康器具のサイクリングマシーンをご想像いただくとわかりやすいかと思います。

 

㈱瀧澤

 

山の上などの気温が下がるところには、上の写真のように自然を活用した太陽光パネルを搭載したものや風力発電のプロペラを搭載してヒーターに通電するタイプもご用意できます。

 

バイオトイレはDC24Vで動作可能なタイプや、インバーター方式の発電機を使用することでAC100Vでお使いいただくことが可能です。

その際の発電機についてですが、必ずインバーター搭載型の発電機をご使用ください。

通常の発電機では電圧などが安定せず機器故障の原因となります。

また、バイオトイレはおおよそ12時間で糞尿の分解処理いたしますので発電機の連続運転時間にもご注意ください。

 

近くに電柱があるような都市部や、山間部でも居住地域などの場合はコスト的に見て新たに電気を引いていただいた方がトータルではお安くご提案できることがありますので、何でも相談ください。

  
「寒いところにバイオトイレを設置できる?」

バイオトイレは無電源型以外はヒーターを搭載しているので、冬季の凍結の心配がありません。

 

主に利用されるのが冬季のため気温が低くなることが想定されるが問題がないのか。

山頂部でのバイオトイレ設置を計画されているお客様より、このようなご質問をいただきました。

山頂部にある作業場で従業員様がご利用になるということです。

北海道旭川市の旭山動物園でも多数のバイオトイレが活躍しています。

寒いところでも問題が無いことが証明されているので安心してお使いいただくことが出来ます。

  
「車が入らないところにバイオトイレを設置できる?」

人力での荷揚げも困難な山頂部へバイオトイレを設置予定のお客様より、お困りのご様子でお問い合わせを頂きました。

 

バイオトイレは水を使わないトイレであるという性質上、設置をご検討いただく現場には「水がない」「電気がない」という条件の場所も多くなってきます。

このような現場にもおすすめなのが足漕ぎタイプや手回しタイプの無電源型のバイオトイレなのですが、そういった現場になりますと山間部や山頂部、また海の近くなど、現場に行くことも難しくなかなか辿り着けないという場所もあり、バイオトイレを設置するにも車両が進入できないということもございます。

そういった現場へのバイオトイレの導入に対するご要望には、分解して納品し現地での組立ということもご相談に応じています。

現地施工の建物は格安でご提案出来るものもご用意しておりますので、予算内で導入できるとお客様にも喜んでいただいております。

また、ヘリコプターを使用しての荷揚げに頼る必要があることもございますが、そのような場合にも弊社ですべてまとめたお見積りが可能ですので、一度ご相談ください。

 

バイオトイレのご購入をご検討頂いているお客様とのお話で、予算上の問題、設置上の問題などをお聞きしながら、私共の方で一つ一つ解決しご提案をしています。

バイオトイレでお悩みの方はぜひお声をおかけください。

  
「水洗トイレの配管をバイオトイレにつないで利用できないか?」

簡易水洗トイレの配管をバイオトイレにつないで利用できませんか?

浄化槽の設置をされている業者様よりお問い合わせをいただきました。

 

今までは仮設トイレとして汲み取りのトイレを利用されていたそうなのですが、このたび浄化槽を入れ替える際のバックアップのトイレとしてご検討いただいたようです。

ですがバイオトイレは水を使用しないドライトイレですので配管の必要がありません。

このたびはバイオトイレを単独の仮設トイレとしてのご利用をご提案させていただきました。

バイオトイレであれば仮設トイレとして使用した際にも臭いが出ないので検討したいとのことでした。

  
「車にバイオトイレを設置したい!」

後処理のいらないバイオトイレは様々なシチュエーションで活躍できます。

 

「キャンピングカーでトイレを使用したいけど汲み置き型のトイレは後始末が大変で...」

とおっしゃる客様より、ご相談をいただきました。

キャンピングカーに多いのは、帰ってからの後始末が大変な汲み置き型のトイレ。

その点バイオトイレはウンチやオシッコを微生物が分解してくれるので後始末の必要がありません。

また、移動中に水がこぼれたりタンクからあふれたり...といったトラブルの心配はドライトイレであるバイオトイレなら一切ありません!

しかもメンテナンスも非常に簡単。

おがくずの交換は年に2~3回で済みますし、業者などに頼むことなくご自分で簡単に行うことができます。

トイレとして使用した後だとは思えないほどサラサラで無臭のおがくずを臭いや汚れを気にせずに安心して交換していただけるのがバイオトイレなのです。

 

また、トラック等の車両を製作されている業者様からもお問合わせをいただきました。

10名様が利用できるトイレを車載したいということで、W-26型をご提案しました。

1日55回まで使用できますので処理能力に余裕があります。

 

自己完結型のバイオトイレは、キャンピングカーだけでなく、仕事に使われる自動車などさまざまな場所で活躍できますので、車に搭載するトイレにはバイオトイレがお勧めです。

自動車にも船にもバイオトイレ、新しいドライトイレの活用法です。

ご利用条件に合わせて各種ございますのでお気軽にお問い合わせください。

  
「公園にバイオトイレを設置したい!」

公園など災害時にも人が多く集まるところのトイレには、バイオトイレがぴったりです。

 

市民の方がご利用される公園にバイオトイレを設置したいというご相談をいただきました。

大勢のご利用者が見込まれるところへの設置も弊社のバイオトイレなら大丈夫です。

公園用トイレとして自然の中でも違和感のないログハウスタイプなら電源があれば設置するだけですぐに使用できます。

新たにトイレ棟を建築するのであればS型をおすすめしています。

公共施設向けの大容量バイオトイレとしてS-75型、S-100型、S-150型、S-300型とあり、300型であれば1台で大・小便合わせて1日300回分の処理能力があります。

この商品は建物工事をしてバイオトイレ本体を床下か地下へ設置することで完成するタイプで環境に合わせたオリジナルのトイレをつくることができます。

仮設・常設ハウス型のSKMシリーズですと最大の容量が100型となっており、1日大・小便、合わせて1日200回分までの対応が可能です。

こちらはユニック車等でバイオトイレを運搬して設置したらコンセントで電源を取るだけですぐに使用できるというメリットがあります。

おがくずの交換は簡単に出来ますので、公園管理者の方で十分行うことができます。

使用するおがくずは一般な普通のおがくずで、特別な菌は使用しません。

取り出したオガクは、小山に盛っていただいて二次発酵を行えば堆肥としてリサイクルが出来ますし、二次発酵を行わずにそのまま地面に蒔いていただくと土に還ります。

廃棄される場合は一般の可燃ゴミとして処分できますので、各自治体の処分規定に従って処分してください。

 

バイオトイレは水を使わないことから、発電機などによって電気さえあれば通常通りに使用することが可能なので、災害時においても使用できる非常用トイレとして活躍できます。

お客様も、この「災害時に使えるトイレ」というところにご注目いただいておりました。

  
「畑にバイオトイレを設置したい!」

バイオトイレは様々なシチュエーションで設置が可能です。

 

お客様からお話を聞いていると、バイオトイレの意外な設置場所を教わることがあります。

それは畑のど真ん中。

下水の通っていない地域で畑の中央に建物がある場合には当然汚水の処理のために浄化槽を設置されるのですが、きれいな水に浄化されているとはいえ食べ物を作っている畑に近いところで放流されることが気になるそうです。

汲み取り式にしても匂いが出るし、染み出して雨水に流されれば浄化槽よりも悪い事態に...。

そこでバイオトイレの出番です!

バイオトイレであればその機能からして糞尿が流出するようなことは考えにくいと思います。

通常であれば12時間程度で糞尿の処理が終わり、おがくずだけの状態になっているからです。

さすがに大雨で床上浸水などになればおがくずが流出する場合もあるかもしれませんが、汚物がその水の上を漂うようなことは非常に少ないといえます。

そこで全く水を使用しないバイオトイレにご注目いただき各社メーカーのバイオトイレをお調べになられ、取り出したおがくずが肥料として使えるということで弊社へのお問合わせとなったようでした。

 

畑の中には電気がないケースが多いのですが、そんな場所には無電源型の手回し式のバイオトイレをご提案をさせていただいております。

ですが、付近に電柱があれば電気工事を行うことでコンセントを設置していただくことができますので、バイオトイレのための電源を確保いただいくことをお勧めしています。

そちらの方がリーズナブルで、機能的にもご満足いただけるものをご提供できるからです。

トイレの設置が難しいところでも快適にご利用いただけるのがバイオトイレなのです。

皆様のバイオトイレご検討の参考になさってください。

  
「ビル・工場・作業場にバイオトイレを設置したい!」

バイオトイレの設置は簡単、置くだけですぐに使えます。

 

「現在すでに利用中のビルの一角に新たにトイレを設置したい」

「いま工場の片隅に設置している仮設型の汲み取り式トイレはにおいが…」

「作業場にトイレを設置したいけど汲み取りにしたくないしかといって水洗を設置するほど大掛かりなのものもちょっと」

さまざまな問題で頭を悩ませておられるお客様からご相談をいただきます。

そんな場所にこそおすすめなのがバイオトイレです。

バイオトイレの特徴である臭いが出ないという点と、広いスペースがいらず設置が簡単にでき、なにより水を使わないので上下水工事が不要になり、新しく水の供給や排水を考える必要がないので予算的な面でも良いとご検討いただいたそうです。

ご相談いただいたら現地を訪問してその場に合ったご提案をさせていただきます。

 

水を引くには工事が大掛かりになりますが、そもそも水が引けない場所もあり、そんなことからバイオトイレが注目されています。

バイオトイレは自己完結型トイレであり、水を使用せず環境にやさしいエコトイレです。

周りの環境に負担をかけないシステムなので、自由に設置することができるのです。

狭いスペースしかない場所への設置や一時的な仮設トイレとしても、トイレを置いたらコンセントをつなぐだけですぐに使うことができます。

  
「工事現場にバイオトイレを設置したい!」

弊社ラインナップの工事現場用バイオトイレGLMシリーズは、設置すればすぐに使えるので建物を置くスペースがあれば手軽にご利用いただけます。

 

ですがそんな工事現場用バイオトイレでも収まるスペースがなかったり、また設置にユニック車(クレーン)が必要になることで車が進入できず導入が難しい場合もございます。

そんなときには、「床上設置型M-08を軽トラックの荷台に設置して車上にトイレの囲いを組んでいただく」というプランもございます。

バイオトイレを軽トラックに搭載してトイレ専用車として架装してくださる業者様もございますが、専用車にするのではなく自社のトラックに載せて現場で簡易な間仕切りを組み立ててご利用いただくという使い方も可能です。

 

この様にバイオトイレは様々なご使用方法をご提案できます。

トイレの設置でお困りの方は是非ともご相談ください。