よくある質問例

「バイオトイレの仕組みについて教えて!」

バイオトイレについてお客様よりいただくご質問で一番多いのがこの仕組みについてです。

 

バイオトイレは「水を使わない」、「臭いがほとんど出ない」全く新しいトイレです。

バイオトイレという名前が示すように微生物の作用により有機物の分解を行っています。

一般的な生ゴミ処理機や他のバイオトイレには「○○チップ」というような細菌を随時追加していくような商品もありますが、弊社のバイオトイレは必要ありません。

微生物は私達の腸に住んでいる腸内細菌が活躍してくれますので、おがくずには特別な菌を入れる必要はないのです。

バイオトイレの分解の仕組みはおがくずに糞尿を投入するとスクリューによる攪拌で水分の蒸発を促進し、加温することで糞尿に含まれる90%以上の水分を効果的に蒸発・発散させ残った有機成分は腸内細菌により分解されていく、というとてもシンプルなシステムです。

そして最終的に、全体の数%の無機質がおがくずの表面にくっつきます。

このおがくずはどこにでもある普通のおがくずで、特別な菌は一切使用しません。

糞尿の分解は8?12時間で終わってしまうので、朝起きてからトイレ内を見ると昨日の糞尿が消えたように見えます。

お問い合わせにはいつもこのようにご説明をさせていただいております。

 

実は昔の大工さんなどは、作業で出たおがくずを地面に掘った穴に入れてトイレにするという方法をよく使われていました。

水洗トイレが普及したおかげで忘れられていった方法なのかもしれません。

現在でも家畜舎の床にはおがくずが蒔かれていたりします。

おがくずを使用することでゴミの再利用ができ水の使用削減にもなります。

そして使用後にはまた土に還る、そんな環境にすごくやさしいバイオトイレを、日常の場面でも介護の場面でも活躍させていきたいと考えています。