トップページ > よくある質問例 > バイオトイレのよくある質問例 > 01仕組みについて

よくある質問例

「バイオトイレの仕組みについて教えて!」

バイオトイレについてお客様よりいただくご質問で一番多いのがこの仕組みについてです。

 

バイオトイレは「水を使わない」、「臭いがほとんど出ない」全く新しいトイレです。

バイオトイレという名前が示すように微生物の作用により有機物の分解を行っています。

一般的な生ゴミ処理機や他のバイオトイレには「○○チップ」というような細菌を随時追加していくような商品もありますが、弊社のバイオトイレは必要ありません。

微生物は私達の腸に住んでいる腸内細菌が活躍してくれますので、おがくずには特別な菌を入れる必要はないのです。

バイオトイレの分解の仕組みはおがくずに糞尿を投入するとスクリューによる攪拌で水分の蒸発を促進し、加温することで糞尿に含まれる90%以上の水分を効果的に蒸発・発散させ残った有機成分は腸内細菌により分解されていく、というとてもシンプルなシステムです。

そして最終的に、全体の数%の無機質がおがくずの表面にくっつきます。

このおがくずはどこにでもある普通のおがくずで、特別な菌は一切使用しません。

糞尿の分解は8?12時間で終わってしまうので、朝起きてからトイレ内を見ると昨日の糞尿が消えたように見えます。

お問い合わせにはいつもこのようにご説明をさせていただいております。

 

実は昔の大工さんなどは、作業で出たおがくずを地面に掘った穴に入れてトイレにするという方法をよく使われていました。

水洗トイレが普及したおかげで忘れられていった方法なのかもしれません。

現在でも家畜舎の床にはおがくずが蒔かれていたりします。

おがくずを使用することでゴミの再利用ができ水の使用削減にもなります。

そして使用後にはまた土に還る、そんな環境にすごくやさしいバイオトイレを、日常の場面でも介護の場面でも活躍させていきたいと考えています。

  
「バイオトイレが水を使わないのはどうして?」

水を使用しない秘密はおがくずにあります。

 

バイオトイレは従来の水洗トイレのように水を全く使わないのが特徴です。

これは便槽の中のおがくずが糞尿を包み込み、その表面に水分が吸着、拡散し蒸発していくからです。そして残った部分は腸内細菌などのバクテリアが微生物分解し、最終的に残った無機質はおがくずに吸着します。

こういった仕組みで排泄物を処理をするためバイオトイレは水を使用しないのです。

 

バイオトイレは環境にも負担をかけないことでもお勧めです。

トイレから汚水を出さないことで下水処理システムへの負担も減ります。

トイレを使用する際の節水効果はもちろん、下水処理への負担まで軽減されることで二次的な節水効果も見込めるのです。

 

また、地球温暖化防止にも貢献できます。

水1Lの節約で、0.58gの二酸化炭素排出削減効果があるとされています。

地球温暖化防止の観点からも水の節約は重要な課題でもあります。

水を使わないバイオトイレは、環境にやさしいエコトイレです。

  
「バイオトイレが臭いが出ないのはどうして?」

バイオトイレは臭わないことが特徴の一つです。

 

お客様にバイオトイレの原理をお話していますと、必ずといってもいいほど「バイオトイレはほんとに臭わないの?」という疑問の声が上がります。

トイレなのに臭いがしないというところに疑問をお持ちのようなのですが、おがくずに投入された時点から臭いは出てこないですとお話しすると「本当に?」と驚かれます。

トイレで強烈な臭いがすることがありますが、これは尿と糞とが混ざることで発生するアンモニアが主な原因です。

バイオトイレはおがくずの中でウンチの固形物とおしっこの液体が分離された状態で分解されるため、臭いが出にくいのです。

ここが汲み取りトイレとの大きな違いです。

 

この「おがくずのおかげで臭いが出ない」ということもバイオトイレの特徴の一つなのですが、これを言葉でお伝えするのが非常に難しく、臭いませんという説明にもいまいち実感が湧いてこないという方が多いのです。

これはバイオトイレを体験済みの方でないと実際にわかりにくいようです。

こちらのトピックスに詳しくご紹介していますので、ご参考にしてください。

  
「臭いが出ないのにどうして排気管が必要なの?」

バイオトイレの排気管は水分を排出するために必要な換気設備です。

 

バイオトイレは臭いがしないのなら排気管はいらないのではないのか?

というご質問を頂戴しました。

どうしても「換気設備」というと臭いが出るようなイメージがあるのでしょうか。

バイオトイレの換気設備は臭いではなく投入されたし尿を分解した水分を排出するために必要なのです。

実はバイオトイレはおがくずがし尿を分解する際に結構な量の水蒸気が出ており、換気扇が停止するとトイレ室内が結露することもあるぐらいです。

また、ご自身が排泄する時の臭いは換気ファンにより排気管から排出されます。

ご説明をさせていただくとお客様もご納得いただいた様子でした。

  
「バイオトイレはオシッコとウンチしか処理できないの?」

バイオトイレは生ゴミの処理も可能です。

 

生ゴミを入れる場合は細かく切ってからバイオトイレに投入してください。

卵の殻でも処理することができます。

生ゴミをためないことで臭いに悩まされることがなくなります。