我が社が考える環境とは

バイオトイレ導入で地球環境保護。

 今世界的にも地球温暖化防止が話題になっている中、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の削減が各企業においても課題となっています。今後においては各家庭でも地球温室効果ガス排出削減が問われてきます。

 

 使用している電気機器の省エネルギー化でCO2排出量が削減されるという考え方も定着しつつあります。電気の使用を節約すると、電力会社では電力需要の増減を火力発電所の発電で調節するため、結果的に火力発電を削減することになり、CO2削減には大変効果があります。

 しかしあまり知られていないのが、水の使用量削減によるCO2削減です。水道水は川などから水を引き、浄化し、配管を伝って各家庭などに届いたあと、下水処理場で(または浄化槽で)浄化処理されて川へ戻ります。これが水道水の流れ方ですが、この水を浄化するのに、水1リットルあたり0.58gのCO2を排出していると計算されます。節水を心がけることで温室効果ガス排出削減につながります。洋式水洗トイレは節水型といわれる機種でも、1回の洗浄に6リットルの水を流しています。先ほどの0.58gを計算すると、1回の洗浄で3.48gの二酸化炭素を排出していることになります。

 バイオトイレを使用することで、トイレにかかわる水の使用量を大幅に削減することが出来ます。バイオトイレは処理に水を必要としないので導入されることでそのまま使用水量の削減が見込まれます。

 

 私共はバイオトイレ販売を通じて地球環境保護に貢献します。