我が社が考える環境とは

バイオマストイレとは?

 バイオマストイレとは「バイオマスを使用したトイレ」です。バイオマスは動植物から生まれた、再生可能な有機性資源のことです。

 バイオマスは廃棄物系と資源作物系に分かれ、廃棄物系バイオマスとして畜産資源(家畜排泄物等)、食品資源(加工残さ)、産業資源(パルプ廃液等)、林産資源(製材工場残材・建築廃材等)、下水汚泥、し尿汚泥などをあらわします。資源作物等は、さとうきびやなたね、とうもろこしなどが含まれ、バイオエタノールの材料などになっています。

 バイオトイレに使用しているおがくずは林産資源バイオマスです。これを使って同じく廃棄物系バイオマスである、排泄物や生ゴミを微生物分解しています。

 バイオマスを使用するメリットとして、地球温暖化の防止、循環型社会の形成が挙げられます。地球温暖化の防止としては、「カーボンニュートラル」という考え方があります。バイオマスを燃焼させて発生する二酸化炭素も、バイオマスの成長過程に吸収した二酸化炭素であるため、結果として大気中の二酸化炭素を増やすことにはならず、プラスマイナスゼロであると考えられます。循環型社会の形成については、バイオマスを利用することで使い捨ての社会から、リサイクルへの移行を促進しています。

 

 大切な地球環境を守るために、バイオトイレをはじめ、バイオマスの利用拡大を進めたいと思います。