我が社が考える環境とは

バイオトイレと渇水と異常気象。

 バイオトイレは水を使わないので、渇水の地域などにはお奨めしたい商品です。バイオトイレは自然環境にやさしいトイレとして、水を使わず、おがくずの有効なリサイクルにつながります。水を使わないということは二酸化炭素の削減にもつながることになります。省エネの考え方に水1立米につき0.58kgの二酸化炭素が排出されるという計算がありますので、水の使用削減は二酸化炭素排出削減にもつながるのです。バイオトイレで地球温暖化防止に取り組みをされてはいかがでしょうか。

 

 それにしても異常気象が連日伝えられています。昨日の新聞でも広島県沖の小島がナナツバコツブムシという体長約1センチの虫によって、岩を食い潰され、波の侵食で島全体が崩壊しているとの報道がありました。通常では考えられないほどの虫の大繁殖で、島全体がもろくなってきているのだそうです。

 なんだか地球環境がわれわれ人類に対して牙をむいているようなそんな気がします。地球環境を大切にしましょう。