我が社が考える環境とは

わが社が考える環境への配慮

『水に』

 今、世界では水環境が悪化していると言われています。日本では、水不足による断水。水道水が美味しくなく市販の水を購入する。各家庭に浄水器を設置する。水がきれいであれば必要のないことが沢山あります。また、当たり前のように屎尿を水道水で流す下水道。その結果、水の富栄養化問題、赤潮の原因とも言われています。トイレに水を使用しなければどれ位の水が不必要となるでしょうか。その処理に掛かるお金は、どれ程不必要となるでしょうか。

 現在、わが社ではおがくずを便槽内に使用し「水を使わない」・「臭いが出ない」・「自然にやさしい」バイオトイレを販売させて頂いております。また、水は使用しますが土壌微生物膜プロセスによる汚水の高度処理システムを利用することで、きれいな水を再利用できる商品の販売を通じ自然環境に対し貢献していく事を目指しています。

 

『地球に』

 人々にやさしくすべての生き物にやさしい地球環境を維持・改善し経済発展に貢献する。誠実な事業活動を通じ皆様の信頼を得られるサービス(奉仕)を実践する。

 地球環境に感謝し循環型社会の構築を目指し、今後考えられる環境破壊「地球温暖化」「水不足」「大気汚染」の改善の一助となるべく邁進いたします。