トップページ > バイオトイレ > バイオトイレのよくある質問 > バイオトイレについて

バイオトイレのよくある質問

■バイオトイレについて

Q. バイオトイレの仕組みって?

A.
バイオトイレに投入されたウンチはオガクズの中で水分がどんどん吸収され、残った有機物はオガクズによって分解されることで最終的に数%の無機物だけがオガクズに付着し残ります。
分解が終わるまでの時間はわずか8時間から12時間です。

Q. バイオトイレは臭いませんか?

A.
バイオトイレは臭わないことが特徴のトイレです。
排便された便はオガクズに取り込まれると臭いは出てきません。
用便時の臭いは水洗トイレでもあるものですが、排気ファンの空気の流れにより臭いは屋外に排出され室内が臭うことはないので排気管に鼻を近づけても大丈夫です。

Q. バイオトイレは凍らないですか?

A.
電源を使用するタイプのバイオトイレはヒーターが内蔵されていますので通常使用状態の場合はオガクズの温度を55℃前後に保つように設計されています。
水道が凍るような状態のところでも問題なく使用可能です。
日本一の最低気温を記録した北海道旭川市の旭山動物園でも冬季営業中に使用されている実績からも明らかです。

Q. バイオトイレは何回でも使えますか?

A.
バイオトイレはオガクズの容量によって処理できる能力が決定されます。 たとえばS-25型のバイオトイレは1日50回までとなっていますが、次の日はまた50回使用できます。
バイオトイレを導入される前に現場の使用回数を想定して機種を決定してください。
選定に関してはフローチャートもご用意しておりますのでご参考にしてください。

Q. バイオトイレの使用上限を超えるとどうなりますか?

A.
バイオトイレは入っているオガクズの容量によって使用上限が決まっています。
これを超えて使用すると処理が出来なくなります。
その場合は通常2~3ヶ月に1回行うオガクズ交換を臨時に行うことで処理能力が戻ります。
このとき、オガクズはべたついた状態になりますが、臭いはほとんどしません。

Q. バイオトイレの耐久年数はどれぐらい?

A.
バイオトイレの本体はステンレスを使用していますので錆の心配がありません。
使用状況や設置環境にもよりますが、10年以上前に作られた機種であっても現在問題なく動作しています。
使用部品に関しても信頼のある日本メーカー製の部品を使用していますのでご安心ください。

Q. バイオトイレの月当たりの電気代は?

A.
バイオトイレの電気代は下記のようになります。

【バイオトイレ S-25型の場合】
(ヒーター12本×25w)+(モーター 100w)+(制御盤 5w)= 合計 405w

ヒーターがサーモスタットで入切されるので1日に1/3通電されていると仮定すると、月当たりの電気代は約¥1,600.-となります。
※気温等により変化しますのでこの金額は目安としてお考えください。

Q. バイオトイレのカタログの入手方法は?

A.
カタログをご要望の方は、こちらより資料請求をお願いします。
すぐにカタログとバイオトイレの使用方法を紹介したDVDをセットにしてお送りいたします。
お急ぎの方は電子カタログの総合版または簡易版よりご確認いただくか、下記のリンクからPDFファイルをダウンロードしていただけます。

  カタログ: 1ページ目2ページ目3ページ目4ページ目5ページ目

Q. バイオトイレを実際に見ることはできますか?

A.
バイオトイレは弊社に展示品がございます。
また、全国の公園や施設等に設置されているバイオトイレをご案内することも可能です。

Q. バイオトイレに和式タイプはありますか?

A.
仮設型バイオトイレには和式便器仕様のものがあります。
こちらはちょっと変わったオリジナル和式便器のGKR型の製品です。
通常の和式とは違ってステンレスパネルで和式便器に仕上げております。

Q. バイオトイレを洗浄便座にできますか?

A.
バイオトイレは洗浄便座にも対応できます。
ただし、バイオトイレの1日の使用回数が通常の機種より減少しますので、バイオトイレの機種をひとつ大型のものに変更しオガクズの容量をアップさせることをお勧めしています。
また小さな機種(S-15型、M-08型)には取付ができません。