トップページ > バイオトイレ > バイオトイレのよくある質問 > バイオトイレの使用方法について

バイオトイレのよくある質問

■バイオトイレのメンテナンスについて

オガクズの日常管理について

オガクズの水分状態を比較できる動画を用意しましたので日常管理の参考にしてください。

適正な水分量で稼動しているバイオトイレの状態。
スクリューの回転時オガクズがサラサラと崩れていくのがベストな状態です。

一方こちらはバイオトイレの使用目安を超えて使用されたオガクズの状態です。
スクリューとオガクズが固まりになって回りだすと水分過多の状態です。
回転時に見ると見るからに重たそうに回ります。
この動画のような水分過多の状態になると、少し臭いが出てきます。
また、これ以上分解処理できなくなりますのでオガクズをすべて交換することとなります。

この動画はオガクズの状態を判断する参考にしてください。
この状態までオガクズが使用可能ということではありませんのでご注意ください。

オガクズの乾きすぎ、ぬれすぎの見分け方は?

見ていただくところはオガクズの水分がポイントです。
写真のように手やひしゃくですくったときに、固まらないぐらいの状態がベストです。
毎日よく使うバイオトイレは、ヒーターを両方とも入れて蒸発を促進させて下さい。

あまり使われていないバイオトイレの場合、オガクズはサラサラに乾き過ぎてしまいます。
コントロールボックスのヒータースイッチを切って蒸発促進を止めて様子を見て下さい。
乾きすぎるとトイレットペーパーが分解されずに残りますので、その際は水、または生ごみ等を同時に入れていただくと水分が追加されていい状態になっていきます。
蒸発が進みすぎて乾いてくると、オガクズが炭化してきますのでご注意ください。

オガクズは何を使うの?

バイオトイレで使用しているオガクズはいわゆる「のこくず」というのこぎりを引いたときに出るオガクズを使用しています。これは材木屋さんなどで出るオガクズです。
レギュラー珈琲の粉程度の粒の大きさが最適です。
チップ状のもの、細かすぎるもの、かんなくず等では水分の吸収に影響するのでバイオトイレにはあまり適しません。

オガクズの交換用のものはどこで手に入るの?

オガクズは材木屋さんなどで入手ができます。
近くに製材所がない、声をかけづらいと言う場合は、弊社からお送りすることも可能です。

オガクズの交換ってどうやるの?

オガクズはお客様ご自身で交換することが出来ます。
オガクズの交換は非常に簡単で、バイオトイレの点検口や便座の部分からオガクズを取り出して、そこに新しいオガクズを投入するだけです。
機種によってはオガクズ取り出し口が装備されているものもあります。
取り出しは柄杓等を使って掻き出すか、粉塵用の掃除機などで吸い取ってください。
ウンチを処理したオガクズに直接触れることに抵抗感がある方は非常に多いのですが、分解が終わっているとそれはオガクズそのものですので、汚いということは全くありません。
たとえば朝一番であれば前日に投入された「し尿」はすべて無くなっていますので、安心して交換ができます。

オガクズの交換時期はどのくらい?

オガクズはおおよそ3~4ヶ月で交換時期が来ますが、一日の使用頻度が少ない場合には交換のサイクルは長くなります。 交換時期が近づくと、オガクズはコーヒー粕のような色になりますのでこの色を目安に交換の判断をして下さい。
オガクズの交換の際は、すべて取り出して新しいものと交換します。

オガクズの投入量はどのくらい?

バイオトイレのオガクズには適正量があります。
点検口から覗いた時にオガクズからスクリューが少し見えている程度が適正量です。
 この写真を参考にしてください。

バイオトイレは洗剤で洗える?

小便器のお手入れとしては、毎日の点検時に少量の水を流してください。
この便器は下のオガクズの槽までパイプでつながっていますので、そのパイプを洗浄する意味で効果があります。
便器が汚れてきたときは、少量の中性洗剤で洗い、水を流さずにふき取ってください。

バイオトイレの運転や停止のスイッチが故障した!

運転スイッチが故障して常時「入」の状態になった場合は、一度だけ一連の動作を行いますが連続して回転し続けるようなことはありません。
停止スイッチが故障や断線した場合撹拌は行われなくなります。
バイオトイレは常に安全側に働くように設計されています。
このような場合でもコントロールボックスのボタンを使用して臨時運転することは可能です。

バイオトイレが勝手に動いてる!

バイオトイレは一定時間(通常設定では約2時間)ご利用がなく、運転ボタンが押されない場合には自動攪拌運転を行います。
これはオガクズの水分の蒸発効率を高める目的と、バクテリアに酸素を供給するという目的があります。

使用中の部品交換は必要ありますか?

通常使用であれば特に大きな故障も部品交換も必要ありません。
長い間ご利用いただいていると、モーターやヒーターの通電を入切しているリレー(接点)が摩耗しますので交換する場合もあります。
また、あまり使用回数の少ないバイオトイレですと、排気ファンに乾いたオガクズが付着して目詰まりを起こすことがありますが、こちらも簡単に交換ができます。