バイオトイレの施工・納入実績

兵庫県の家島にバイオトイレを設置しました。~その1・荷積み編~

平成19年3月31日、兵庫県立母と子の島にバイオトイレを納入しました。

母と子の島は姫路沖の瀬戸内海、家島諸島の西島内にある自然体験施設です。

4月から名称が変更され、兵庫県立いえしま自然体験センターという名前になるそうです。

今回は荷積み編、運搬編、設置編の3部構成にてお届けいたします。

バイオトイレをご検討中の方はぜひご参考になさってください。

 

朝9:00から姫路港において、坊勢貨物様の貨物船にバイオトイレの積み込みを行いました。

貨物船は家島諸島の各島を回りながら、母と子の島に届けていただきます。

 

船の奥にバイオトイレが2台あるのがわかりますか?

㈱瀧澤

 

我々は貨物船への船積みを確認した後、坊勢汽船の定期便にて西島へ向かいました。

そして貨物船が到着するまでの間に現地の採取確認と墨だし(バイオトイレを置く目印をつけることを墨だしと言います。)を行いました。

㈱瀧澤

昼食後に船着場へ移動し、荷揚げを待ちます。

 

 →運搬編へ続く。