徳島県よりバイオトイレの見学に来社されました

本日、徳島県勝浦郡の自治体と猟友会の方々がバイオトイレの見学に来社されました。

周辺が山間部のためシカやイノシシが出没して被害が多く出ているそうで、猟友会の方が駆除をしているそうなのですが、あまりにも数が多すぎてその処理に困っているという実状とのこと。

皮、内蔵、骨などの処分に苦慮されており、いろいろ調査をされてご検討の結果、バイオトイレでの処理に行き着くことになり、弊社で取り扱いのバイオトイレでこの問題が解決できないだろうかとのご質問があり、このたびは総勢14名でのご来訪となりました。

 

実物をご覧いただきながら説明

 

まずは実際に弊社の事務所横に設置してあるバイオトイレを見学して頂き実物をご覧になっていただき、その後資料をもとにお話をさせていただきました。

 

資料をもとに説明会

 

弊社取扱のバイオトイレは基本が排出物の処理が目的ですので難しい面もございますが、メーカーとしては各方面にお願いをして現在実験中でございます。

現在の実験データが整い次第、自治体の担当者様にお送りいたします。

 

このように実物をご覧いただきながらご説明させて頂きますので、ご見学をご希望される方はお気軽にお問合せください。